So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2016-05-17 [ゲスト]

IMG_1788.jpg

ゴールデンウィークの最後に仕事で、富士山の麓辺りで仕事してきました。

どうもどうも、何でも屋の嵯峨です。

すっかり春も通り過ごして、あっという間に梅雨そして夏になるのではと思う毎日です。

仕事で静岡富士市に行ってきました。
行きの日は、曇り空で全く富士山が見えずに、寂しかったのですが
本番当日は、ホテルから綺麗な富士山を見る事が出来ました。

そんで、行きの東名高速道路 足柄SAはエヴァで一色(ゴールデンウィークまで)
IMG_1763.jpg

きちんと槍も刺さってました。
IMG_1767.jpg

ただ、節操なくなんでも商品にするのは如何なものかと思いますがね。
IMG_1772.jpg
IMG_1771.jpg



帰りの上りは(新東名のSA)、なぜかフチ子さん祭り
IMG_1796.jpg

IMG_1794.jpg

これはこれで何でか?と不思議に思いました。

色々工夫しているんですね。

毎回通る度に、足柄SA上りになるお風呂(温泉ではないみたいですが)に入ろうと思うのですが、
絶対風呂に入ったら、すぐには帰るのは辛くなるだろうと思うので、なかなか入る事が出来なく、
次こそはとは思っています。
その時は車中泊になるかな。

桜咲く [ゲスト]

どうもどうも、何でも屋の嵯峨です。

気がつけば、4月になりました。
なったのに、なんだか寒いです。

折角、桜も咲いたのに、こう寒いとどうも季節感が。

先日のバレエの発表会で、映像とバレエの作品がありました。
創作で「はらぺこあおむし」です。

絵本で出ている作品です。
主催の先生が、出版社にかけあい
そこから、作者に連絡して、世界観を壊さなければ好きに使用してくださいとなり、
絵本そのまま絵を映像で投射。

知っている人でしたら、わかると思いますが、
あおむしが食べ物を食べると、穴が開きます。

もう映像技術が向上して、舞台にセットがいらなくなりそうです。
だって、一瞬で場面がかわりますから。
大きくも小さくも出来ますしね。

不思議な国のアリスとかだと、抜群に効果を出すでしょう。

世の中かわっていくものです。

最終的には、夜桜なんて全部映像になってしまうかも知れません。
季節に問わずにね。
IMG_1753.jpg

IMG_1755.jpg

催し目白押し [ゲスト]

どうも、何でも屋の嵯峨です。

気づけば、節分も終わり、バレンタインも終わりました。
あっというまに、月が変わりひな祭り。

時間が経つのが早い事。

春一番が吹いたと思えば、翌日は冬に戻り、
見事に風邪をひきましたよ。


今月末に、幼稚園のひな祭り会の仕事があるというのに
そこまでには風邪を治さないと。
園児にはうつせませんから。

それにしても、幼稚園のひな祭り会に舞台監督っていうのも
知らないとなんで?ってなりますよね。

まず、劇場でやるんですよ。

ひな壇を作って、園児が人形の如く鎮座します。
その状態で、朝の9時半から開会式が始まります。

午前中はお遊議会。
各クラスが出し物をします。

お昼をはさみ、午後は演奏会。
園児が昼食をとっている時に
舞台では反響板にチェンジ

幼稚園最後の行事でもあるので、
年長さんは最後の舞台。

もう、後半先生たちは大泣き。

普段では味合わない様な仕事です。

今年も、感動のお裾分けを頂きに行きます。

近所 [ゲスト]

どうも、何でも屋の嵯峨です。

浅草に近い所に住んでいます。
まあ、歩いて15分はかかりますが。


天気も良い日に、浅草からスカイツリーに向かい散歩。
浅草神社の御神輿がならんでました。
IMG_1694.jpg


そこから隅田川沿いを歩いて行くと、
こんな看板がありました。
IMG_1696.jpg


そして、凛々しいカメラ目線の彼。
IMG_1698.jpg


良い天気の日は散歩は気持ちがいいですね。

あけました! [ゲスト]

明けましておめでとうございます。
何でも屋の嵯峨です。

新しい年になりました。
今年はどんな年になりますでしょうか?


ひとまず、ジルベスターコンサートは丁度に終わりました。

年の瀬 [ゲスト]

今年も最後にどうも。
何でも屋の嵯峨です。

今年も残すところ、わずかになってきました。

残すは、ジルベスターコンサートがきちんと0時で演奏が終了するかが、ドキドキです。


しかし、年末はどこに行っても人だらけ。

もちろんアメ横は大変なにぎわいです。

でも、秋葉原上野浅草もスカイツリーも、なんだか外国の方ばかり。


この前も、地元で郵便局の場所を聞かれました。
「ポストオフィス
語学力がないので、初めは何の事って思いました。
地図の記号を指して再度
「ポストオフィス」
ああ、郵便局に行きたい事がわかりました。

ポストオフィス、言われてみればそのままの事なのですが、
なんだか、聞き慣れなくて。

バンクとかステーションって言われるのは、すぐにピンと来るんですけどね。


あの外人さん、きちんと郵便局に行けたかな?
それより、何しに行ったんだろう、郵便局?

自販機は1台まで [ゲスト]

毎度、何でも屋の嵯峨です。


師走です。
もう、今年も終わりが近づいてきています。
皆さんはどうお過ごしですか?


この前、劇団ショーGEKIの公演を見に行きました。
知り合いが出ているので。

作品途中に撮影タイムがあり、客が普通に撮影していい時間がありました。
悪くはないと思います。
が、連写だけはどうかと。
バシャバシャ連続音がするのは、ちょっといい感じではないですね。

あと、つくづく台詞は聞こえないとストレスになるんだという事がわかりました。

作品的に、大きな声で台詞を話す所が多くて
ただでさえ、大きな声で話しているのに、
セットが布で、空間として抜けが多いんです。

まあ、声は拡散して、布に吸収されて、聞こえずらい。
聞こえる人がほとんどなんですけど、中にはって事で。
しかも、所々にバウンダリー系のマイクは仕込んであるのですが、
それでも、拾え切れない部分があるようで。

聞こえずらいと、やっぱり聞こうとする部分に神経を使ってしまって
他の事が疎かになるんですよね。
そうなると、芝居が一瞬とんでるんです。

まるで、ながらテレビをしている様な感じです。
難しいですね。

でも、作品はとってもおもしろかったですよ。


それと、タイトルの話は
家の前に自販機があるんです。
その自販機の電気代は私が払ってます。
なので、売り上げの一部が支払われます。

そこに自販機の営業が来て、
もう一台置いてくれないかと話すんです。
でも、もう1台置いたら、すごい赤字になりますから、置きません。
ただでさえ、周りに自販機だらけの場所なんだから。

嵐ってすごい! [ゲスト]

毎度、何でも屋の嵯峨です。

どうも、メンバーが書かないから、私物化してしまっている感じです。
でも、バナーが出るのが嫌だか。


この前、北海道に仕事で行ったのですが、
今年はいつもとホテルが違かったのです。

劇場の近くにはホテルがなくて、電車に乗ってホテルに行きます。
地方にいるのに、電車通勤です。
でも、そのホテルは駅に直結しているので楽だし、
その駅の周辺にはお店もコンビニもあるんです。

しかし、今年は劇場から車で10分。
これだけ聞けば、特にかわった事はないし、
むしろ、電車に乗らないだけ楽かもと思うかもしれません。

でも、違うんです。
ゴルフ場の中にホテルがあるのです。
つまり、リゾートホテルなのです。

周りに何もない、山の中。
コンビニもありません。
ホテルの売店はそうそう閉まります。
あるのは温泉施設だけ。

ああ、こっちのホテルの方が安かったのかな?
なんて、想像してしまいました。


でも、真相は違うのです。
そう、タイトルの嵐なんです。

その週末、札幌ドームでの3日間のコンサート
札幌はもちろん、その周辺のホテルというホテルが満室。
つまり、私たちもその余波に触れてしまったという事なんです。

見事に泊まったホテルにも、23時ぐらいにチェックインするそれらしき人たちが。

帰りの飛行機にも何人かおりました。



嵐ってすごいですね。

脱出しました [ゲスト]

どうも、何でも屋の嵯峨です。

今回は招待されました。
これに、
IMG_1676.jpg


今流行の脱出ゲームです。

今回は東京メトロ協力のものです。

過去に脱出ゲームには参加したのですが(いずれも脱出出来ませんでしたが)
最後の解答までは行ったのですけどね。

でも、今回はなんとかクリアーをするべく出発したのです。


まずは東京メトロの窓口(指定の駅窓口)でキットを購入。
・・・・・
・・・・・
・・・・・


行くべき場所がわからない?!

そうです、初めからつまずきました。
さあ、どこに行くのかわかりません。

久しぶりだったので、このゲームのコツを忘れてました。

さっそくヒントへGO!


なんとか、行くべき目的地を導き、地下鉄で移動。
コツさえ思い出せれば、なんとか問題の答えを導き出せました。

毎回思うのは、このロケーションを良く見つけ出してくるなあ、と思います。
問題の為に製作した物は1つもないのですから。
既存のものを利用して、問題を製作する所は言葉に出来ません。

ここでは解答に繋がる事は言えませんが、1つだけ
IMG_1677.jpg


とある駅の問題。
本当のポスターと見比べて、ここまで精巧にパロディーを作るのが好きです。

しかも、今回は無事にクリア出来ました。


ただ難点は、このゲーム人気があり過ぎる事。
平日にやっても、現場で同じように参加しているプレイヤーに遭遇します。
なので、自分がわからなくても、他の人がいると、目星がついてしまう事なんです。

まあ、それでも問題は解けなかったりするんですけどね。

新宿に常設の謎解きカフェがあるようなので
今度はそこに行ってみたいものです。

ジャスミンな話 [ゲスト]

どうも、何でも屋の嵯峨です。

この前に観劇した、ジャスミンさんの公演の話でも書こうかと思います。

ピストロのメンバーである坂内さんが出演していたのですが、
役柄は見事な和菓子屋店長。


知っている人は知っているとは思いますが、
本業も和菓子屋店長。
見事な当て書き。


舞台は東京駅を出る夜行列車。
行き先は大垣。
その車内で起こる出来事がメインのお話。
笑いあり、人情ありの話でした。

あとは回転舞台。
舞台が回るんです。

シーン事に見え方をかえて見せてくれる。
いったい、いくらかければ作れる事か。
絶対に一人で作りたくない物量です。

でも、こういう所に劇団の特色が出てくるんですね。
ピストロの場合は、ダンスが付いてくるので、
確実に5〜6人が踊れるスペースを考えていかないといかないので
舞台に色々物は置けないんですよ。
置いても動かせるようにしないといけない。

毎回、その辺りが難しいんです。
その上、場所がちょっと多い。

前回も、ブライダルサロン並木道・部屋・教会
相当、頭を痛めた様な気がします。
大掛かりな舞台なら、それぞれのシーンをそれらしく見せれただろうし
抽象的に見せれば、あまり悩まなくても良かったんですが
希望はその間の子。

部屋は部屋。サロンはサロン。
その部分はそこそこ具体的に見せる。
しかも、大掛かりな舞台は出来ない。(劇場の条件で)
まあ、結果苦肉の策といいますが、小手先の変化といいますが、
そんな手段をとった公演でした。

たまに観客で行くと、このチケット代でこんなセットなの?
と思ってします、今日この頃ですが、
ジャスミンさんは、「さすが」という舞台でした。
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。